コンテンツ

シミはなぜできるのか?

「あ、こんな所にシミがある!」などと、鏡を見てショックを受けた経験はありませんか? やはり女性であれば、色白の肌に憧れを抱くものですから、シミというのは厄介な存在でしかないと思います。 見つけてしまったシミに対して、化粧品などを使用して適切なケアを行うためには、まずは「なぜできてしまうのか」という原因を知りましょう。

シミというのは、ターンオーバー(肌の新陳代謝)の低下により、メラニン色素が肌に沈着してしまった状態のことです。 原因としては、次のような事柄が挙げられます。

  • 紫外線
  • 加齢
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 生活習慣の乱れ
  • ストレス
  • ニキビや傷の跡

このように、原因が様々なので、「全て防ぐのはちょっと無理かな…」と思う方もいらっしゃるかと思いますが、シミのできる原因の約8割は、紫外線によるものだといわれています。 私たちの肌は、紫外線を浴びると、メラニン色素が生成される仕組みになっています。

通常であれば、ターンオーバーによってメラニン色素は剥がれ落ちるのですが、ターンオーバーが乱れていると、そのままシミとして、メラニン色素が残ってしまうことがあるのです。 紫外線だけが原因というよりは、紫外線を浴びることに、ターンオーバーが乱れる原因がプラスされると、シミができる条件がそろってしまうということになります。

従って、まずはUVカット効果のある化粧品を使用することで、シミは防ぐことができます。 医療機関での治療が怖い、化粧品は高いから使いたくない方などは、カソーダを使用することでも、シミは防ぐことができます。 そして、できてしまったシミに関しては、薄くする効果のある成分が含まれた化粧品や、医療機関での治療が必要となります。

サイト情報